次の伝統へようこそ。

伝統って聞くと、なんか気難しい。

 

きっと、伝統ってやつが”今”ってものと

 

うまく噛み合ってないせいだ

 

じゃあ、ちょっとだけ先に行こう。

 

きっと、そこには古きも新しきもある。

 

古きを見て、新しきを見る。

 

次の100年後に伝統と呼ばれる

 

そんな伝統を今ここに。

 

二人会について

 

二人会とは年に一度500名程のお客様をお迎えして行う、やまと舞の定期公演。

この度の『やまと舞 二人会』では舞主 やまとふみこ を特別出演に迎え、
弟子 やまとかな やまとふみや の二人で主催興行させて頂きます。

今回で四回目を迎えました 『やまと舞 二人会』。

三回目までは 舞主 やまとふみこ師匠と 弟子 かなの二人会でした

舞台創り上げるということの大変さ、責任の重さを勉強させて頂きました。

そして、今回。3回で二人会は終わり...と二人会を始める際に師匠が決められていましたが

『次につなぐ』という想いから私たち二人での二人会をさせていただく事となりました。

まだまだ修行中の身ではございますが、私たちの選んだ道をしっかり見せられるよう、

師匠から頂いたこの機会を精一杯務めさせて頂きます。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

やまと かな・ふみや

過去の二人会について

 

やまと舞について

 

第一回 二人会

演目 連獅子
親獅子が子獅子を千尋の谷に

突き落とし這い上がってくる様子を描いた演目。

二人会のテーマとも言える演目を披露

 

第二回 二人会

演目 楠公
楠木父子の後醍醐天皇への忠誠心。

父が子に対する過酷な要求、誠の愛を描いたもの。

 

第三回 二人会

主従、師弟の厳しくも深い絆 を描いたもの。
”ここからはじまる”次に繋げるための最後の二人会

演目紹介

18:00:開場

19:00:開演

19:10:汐汲み

19:40:まかしょ

20:10:休憩

20:20:水

20:40:フィナーレ

21:10:閉演

 

 

演者紹介

 

特別出演

北方寛丈

作編曲家・ピアニスト。石川県出身。

愛知県立芸術大学音楽学部作曲科首席卒業。

ジャズやポップスは独学。

オーケストラ、吹奏楽、合唱、トラックメイキング、

ミュージカル、舞台、映像、式典、イベントなど、

ジャンルを問わず数多くを手掛け、世界中で出版、演奏されている。

異業種とのコラボレーションも多い。

近年は即興演奏、朗読音楽劇、

ダンサーとの共演、邦楽の機会も多い。

身体表現の可能性の追求し、

日本人の身体に合った使い方を独自に研究している。

趣味は小唄、合氣道。

独自の視点でおこなう講演やレッスンなども定評がある。

2015年よりソロピアノライヴを始める。

東京と石川に拠点を置き活動中。

いしかわ観光特使。かがやき音楽団主宰。

 

児玉 宝謹 

松榊研究所代表・民謡指導家・日本民謡幸真会二代目会主

社)東洋音楽学会会員
宝塚市教委、兵庫県教委、神戸市教委、各登録講師
大阪府大東市立生涯学習センターアクロス専任講師
財)大阪市教員会館ラーニングスクエア登録講師
KOBEまなびすとネット生涯学習市民講師
財)兵庫県生きがい創造協会生涯学習リーダーバンク登録講師

チケット購入方法

 

チケットの購入方法については

facebookのメッセージ

または下記のQRからLINE

にてお問い合わせください。 

 

facebookページはこちら

協賛・協力一覧

 
後援

一般社団法人 価値創造支援機構
一般社団法人インターナショナルアーティスト支援協会
株式会社 Flucle
大京商事株式会社

 

協力

香道 桜月流